トップ>催眠療法Q&A

催眠療法Q&A

催眠は勉強に生かせるの…?

昔から記憶力アップや集中力アップに、催眠は有効な療法はとして、知られています。現在、高校受験や大学受験などに利用する学生もいます。また中間や期末試験前になるたびに受ける学生もいらっしゃいます。

苦手な科目があるのですが…?

苦手な科目を好きにし、興味を持たせ、得意な科目に変えて行くのが、当アカデミーの独自の催眠プログラムです。また得意な科目をより得意にすることもできます。

学習催眠療法は1回でも有効ですか…?

個人差がありますが、何回か受けることをおすすめします。とくに学習催眠療法は受けるごとに効果は高まっていくのが大きな特長です。基本的には催眠に深く入る人ほど効果は高いといえます。

誰にでも有効ですか…?

ほとんどの人に有効です。しかし少ない割合ですが催眠にかからにくい人がいます。大事なのは催眠を受けたいという強い本人の気持ちとセラピストの言葉を素直に受け入れる気持ちです。
また単に勉強がキライという理由ではなく、幼い時の「何かの原因」(トラウマ)で勉強に取り組めないというお子様がいらっしゃいます。そのような場合は、年齢退行療法でその原因をさぐり、取り除きます。

成績が良くなる子の割合は…?

非常に良くなったと答えた子は約5割、以前より良くなったは2〜3割で成績のみをとらえた場合は8割前後の子に有効でした。(あと残りの2〜3割の子「小学生・中学1〜2年生に多い」も、先生の話しが理解できる、暗記力が高まったと答えてはいます。それは個人差によって自我形成の成長が幼く、試験にうまく反映できないからと考えています)

催眠にかかると意識がなくなるのでは…?

よく誤解されるのですが、大丈夫です。意識はなくなりません。人間としての潜在意識の基本となる倫理感や道徳感に反する暗示にはしっかり拒否心理が働きますからご安心ください。とりあえずご相談ください。

催眠にかかるとどうなるの…?

催眠状態とは「リラックスし、集中力が非常に高まった状態」で、カウンセラーの言葉にだけ集中しています。他の声や音は聞こえてはいるのですが、まったく気にならない状態になっています。

その他の催眠療法は行なっていますか?

もちろん一般的な催眠療法も行なっています。とくに緊張やアガリ、フルエなどには、アメリカの催眠士が一般的に行なっている高い効果のあるプログラムを用いています。皆様から好評をいただています

 

▲このページのトップへ