トップ>全米催眠士協会とは

全米催眠士協会とは

■ 催眠療法士とは

催眠療法士は、日本ではまだまだ歴史も認知も低く、かつ一般の方々も催眠のすぐれたパワーについて理解されていない方がほとんどです。

催眠の先進国は何といってもアメリカです。1950年代以降、医学分野のひとつとして認知され、病院内の施療では健康保険の適用が受けれる程、医療の一環として認知されています。予備催眠に入れる技術は万国共通でも、催眠療法としての歴史やノウハウやテクニックがまったく違います。

日本の催眠療法の多くは対処療法的な催眠が中心ですが、アメリカの場合、対処療法はもちろんのこと、深層心理面から問題の原因を探り出し、根治療法まで対応できる等、問題にあわせて処置できるのが大きな特長です。
今、日本ではアメリカの催眠士協会の認定を受けた催眠療法士が約40数人いて全国各地で活躍しています。そしてクライアント(催眠療法を受ける人)の評価も非常に高いのが事実です。ひとつの催眠療法を選択される際の大きな安心と信頼と言えます。

■ 全米催眠士協会とは

全米催眠士協会はアメリカ合衆国で最も大きな催眠療法士の団体で、さまざまな研修や発表を行ない、催眠療法の技術向上をめざし活動しています。常時、新しい催眠療法のテクニックやノウハウを紹介する会報も発行し、催眠療法士の研鑽とコミュニケーションを図っています。

また政治のロビー活動を行ない、催眠療法の地位向上も図っています。日本でもきびしい教育とカリキュラムですぐれた催眠療法士の育成を図っている協会です。


▲このページのトップへ